コレステロールを下げるためにサプリメントを利用

コレステロールを下げるためにサプリメントを利用している人は少なくありません。コレステロールというのは人の体には不可欠なのもので、細胞膜の材料に使われているといいます。コレステロールが血液中で増えすぎてしまうと、詰まって硬くなりやすいのが血管です。可能性としてあるのが、生命に関係するような動脈硬化や心筋梗塞などを起こしてしまうことです。血液中のコレステロールを調整効果がある成分をサプリメントで補給しているという人は多いようです。コレステロールを下げる効果がある成分に植物ステロールがあります。植物ステロールは植物胚芽に含まれている天然成分であり、野菜や果物、植物性油脂などに存在しています。血液中の総コレステロール値とLDLコレステロール値を下げるのに有効植物性ステロールは、コレステロールが小腸で吸収されるスピードを遅くすることができるといいます。植物性ステロールがコレステロールを下げるのに有効であることは、臨床試験もされているといいます。サプリメントの中には、特保の認可を得ている植物性ステロールのものがあるといいます。植物ステロールのサプリメントは粉末や錠剤加工され、販売されているものが大半です。DHAやEPAのサプリメントと併用することで、コレステロールの調整効果がより高まるといいます。

紅麹サプリメントでコレステロール改善

サプリメントで紅麹を摂取することで、コレステロールを改善するという方法があります。中国や台湾では老酒や紅酒の製造原料として、沖縄では豆腐に利用されてきたのが、コウジカビの一種である紅麹です。いろいろな醸造食品といわれる味噌や日本酒などを作るためにコウジは利用されてきたもので、特にコウジの中でも紅麹は紅色が美しいといれています。コレステロールを下げる成分として紅麹が最近人気があるのは、モナコリンという成分が紅麹の中に入っているからです。モナコリンは体内でコレステロールが合成される作用を阻害する働きがあります。コレステロールは健康維持には欠かせない物質ですが、多すぎても体への害となります。紅麹を摂取することで、善玉コレステロールを維持しながら、悪玉コレステロールを下げます。それに加えて中性脂肪をカットすることが可能だそうです。実はコレステロールには悪玉と善玉があり、二つがバランス良く存在するのが大事なのです。たくさん体の中に悪玉コレステロールが存在すると、血管がもろくなったり詰まったりします。紅麹のサプリメントはそれほど知名度が高くないですが、人気が無いかといえばそうでもありません。近年コレステロールを改善することで注目度が高まっている紅麹のサプリメントは、今後ますます需用が伸びていくことが予想されます。

DHAやEPAのサプリメントでコレステロールを改善

DHAとEPAはコレステロールを低下させる効果があるといわれ、サプリメントとしても人気の商品となっています。青魚であるイワシ、サバ、マグロなどにたくさん含まれている成分です。効果的に学習力や記憶力を良くしたり、アトピー改善、視力低下をなどにも有効なものだといいます。日々の食事から摂ることもできる成分ですが、かならず毎日摂りたいという場合におすすめなのは、サプリメントだといいます。DHAやEPAには動脈硬化を予防し、血栓をできにくくする作用があるといいます。DHAやEPAには、悪玉コレステロールを減らし、血液をさらさらにする効果があるからだと言われています。コレステロールには善玉と悪玉があります。どんどん悪玉コレステロールが多くなると血管の壁にくっついて、動脈硬化などの要因になるといいます。いろいろな健康に関する効能がDHAやEPAにはあることがはっきりしたので、たくさんの会社が最近サプリメントを作って売るようになってきました。中にはコレステロールを多く摂るのを避けるためにも、油の多い魚は摂取しないようにしているという方もいるそうです。魚や肉に含まれる脂肪には様々な種類があり、体内での働きには微妙な差違があります。コレステロール改善のためにもDPAやEPSを含むリノール酸は、サプリメントなどで積極的に摂取していきたいものです。